--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.27

ビオトープ作り 5 架け橋

枕木1
前回いびつに見えた孤島に橋が架かりました!枕木を4本使った、骨太の橋です。
子どもたちが観察をしやすいように、かつ、安全で頑丈でなければなりません。耐候性に優れ、堅牢さとコストを考えたら確かにこれがベストかも知れません。

枕木3 枕木アップ
しかも木製ですから風合いもよく、時間が経つにつれいい味わいが出てきそうです。1本50〜60㎏あるそうで、乗ってみたところ、びくともしませんでした。これなら子どもたちが多少はしゃいでも大丈夫。素人親方恐るべし、なぜかきちんと精度が出ています。

水路1 水路2 井戸 見取り図
そしてまた、子どもたちが喜びそうなのが、特製の井戸からつながる水路。井戸を操作すると水が流れて、水路を通り池に注ぐ計画です。


水路3 水路4
水路と水路の間にはセメントで目地を作りつなぎます。コーナーは隙間が大きく空くので腕の見せ所、当て木を斜めにあてがって型を作り、セメントを流していきます。ところで下の盛り土の強度は大丈夫かと訊くと、・・・わからない・・・、とのことでした・・・。

きっと子どもたちが目を輝かせそうな仕掛けがいっぱいです。そしてここに上手く、モリアオガエルをはじめとした生態系や豊かな植栽が定着し、今では少なくなった池遊びで、体験を通した観察眼が育って欲しいと思います。
この記事へのコメント
テスト
Posted by test at 2013.03.04 13:26 | 編集
テスト2
Posted by test at 2013.03.04 13:29 | 編集
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。