--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.19

NPO法人 スマイリングキッズ・バイ想根会 Facebookページ

想根会Facebookページ

スマイリングキッズ・バイ想根会公式Facebookページ

NPOスマイリングキッズ・バイ想根会の情報発信を、上記Facebookページに移行します。
Facebookのアカウントをお持ちの方はもちろん、お持ちでない方も見ることができます。
また、以下のTwitterに更新したことを知らせる情報が流れますので、こちらをフォローしていただく事で最新の情報がご覧いただけます。
NPO想根会 Twitter

今、クマガイソウが咲き始めています。Facebookページでもご紹介していますのでどうぞご覧下さい!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
Posted at 20:53 | 応援団活動 | COM(0) | TB(0) |
2015.03.17

NPO法人 スマイリングキッズ・バイ想根会

サッカーフレーム付き

皆様こんにちは!
かねてより川口市立根岸小学校の学校応援団の一部として活動して参りました「想根会」が、この度「NPO法人 スマイリングキッズ・バイ想根会」として生まれ変わりました!〜すべての子どもたちの笑顔のために〜 をモットーに、学校を中心としたコミュニティづくりを推進して、地域の子どもたちのために今までよりも更に幅広い視野に立った活動を行って参ります。

活動分野
上はざっと見渡せる活動分野です。
以下の7分野を掲げています。

1.子どもの健全育成
2.環境の保全
3.社会教育の推進
4.学術、文化、芸術又はスポーツの振興
5.まちづくりの推進
6.保健、医療又は福祉の増進
7.地域安全活動

今までの環境系の活動から、子どもたちに関係する事柄が網羅されています。学校でもない、PTAでもない、町会でもない、第4の目や手足となり、子どもたちの成長を見守ります。

Posted at 13:08 | 応援団活動 | COM(0) | TB(0) |
2014.10.27

サッカーゴール!


みなさん最近校庭の地味な変化に気づいたでしょうか?実は9月の終わりに純白のサッカーゴールがお目見えしました。なーんだサッカーゴールか、と言うなかれ。これは学校側が当局に要望し続け、なんと3年越しで実現した悲願のゴールなのです。

地域には思いっきりボールを蹴って遊べる場所がありません。それでも子供たちはサッカーをして遊びたいわけで、それをめぐって地域から苦情が出たりしていたそうです。そこで学校は子供たちを思いっきり遊ばせてあげたいと、ずっとゴールの設置を要望していたそうです。

それが叶ったこの日、見てくださいよー、と私の腕をひっぱらんばかりに校庭に連れてきて、ゴールのポールを愛おしげにペシペシ叩きながらいきさつを話してくださった、教頭先生のくしゃくしゃの笑顔がとても印象的でした。
子供たちの歓声が聞こえてくるようです。



2014.10.27

グリーンカーテン・クマガイソウ



初夏に設置した、日よけ用のグリーンカーテンがこんなに育ちました。なぜか北校舎が一番もじゃもじゃになりました。ここに写っているのはゴーヤです。写真では分かりませんが立派な実がたくさんなりました。失敬して食べたところ肉厚でジューシーで大変おいしかったです。

これから冬に向けてこれを撤去しますが、それがまた大変!絡まりまくったツルをひっぺがし、下地になっているネットを回収します。




想根会のメイン事業の一つ、クマガイソウも、夏の間の日差しよけのネットをはがしました。柵にしっかりくくりつけたネットは落ち葉や枝の重みに耐えて、一夏クマガイソウを守ってくれました。今度は寒い冬を無事乗り越えられるかどうか…。クマガイソウはとてもデリケートな花なのです。根岸っ子のように大事に育てています。また来年クマガイソウ祭りで見事な花を見せてもらいたいものです。

Posted at 11:28 | 応援団活動 | COM(0) | TB(0) |
2014.05.31

# なんと!モリアオガエル



ビオトープができて1年あまり、過去記事でわかる通り、当初の目的は
「絶滅危惧種のモリアオガエルを復活させる」ことでした。それに向けて昨年、とある場所よりモリアオガエルの卵を譲り受け、大事にふ化させた上、そのオタマジャクシを、できたばかりの池に半信半疑で放流しました。
最初は元気に泳いでいたオタマ君たちも、案の定次第に姿が見えなくなって、嗚呼、水が合わなかったか、天敵に喰われたかと半分諦めモード。その後、成体も確認されず、さて、一から勉強し直し!と、ハチマキを巻き直した矢先…、

池の真ん中に置いた、産卵場所を想定した木に、ある日突然卵が!!!!

メスの上にオスがたくさんぶら下がって、足で分泌物を泡だてながら作ったあの特徴的な泡の塊が(過去記事参照)、木の上に作られていました!
オタマが生き抜いていたこと、ちゃんとカエルになっていたこと、池をふるさとと思い帰ってきたこと、など、感慨深いことです。
そろそろオタマジャクシになって池を泳ぎ始める頃です。こうしてまた営みが繰り返され命を紡いでいきます。どうぞ見守ってください。
Posted at 01:48 | 応援団活動 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。